看護師として必要な知識・技術・態度を修得し、一人ひとりに心を寄せ社会に貢献できる
看護実践者を育成する。
目 的
1)人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として理解できる。

2)人間を生活者としてとらえ、健康を環境との関係から理解できる。

3)人間の多様な価値観を認識した態度を養う。

4)科学的根拠に基づき、安全で安心できる看護を実践できる基礎的能力を養う。

5)保健・医療・福祉制度のもとで、他職種と連携・協働し、チーム医療の中での看護の
役割を担うための基礎的能力を養う。

6)看護師としての倫理観を養う。

7)看護師として、変化する社会に対応できる基礎的能力を養う。

8)自ら健康を保持し、主体的に学び成長し続ける態度を養う。


目 標